金融機関が合併などした場合

本03金融機関は法律で各種の規定をしていますが、実際に合併が行われると法律に縛られていない システムや人事構成などで大きなトラブルが発生することが多々あります。特にシステムはオンラインで多数の支社支店、ATMが膨大に存在しますので一つ間違えると取り返しのつかない状態を生み出します。システムを作っている会社が別会社の場合には製作会社の特徴もあり、一概に製造ミスとは言われないが 利用者からみると不満が発生することがあります。たとえば取引が完了したのちに利用明細書を強制的に発行する銀行と必要可否を選択させる機能がついているシステムを統合させる場合、どちらに統合させるにしても利用者には
今まで行っていなかった操作を一つ増やす必要になるか、不必要な明細書を持ち帰り廃棄する手間がかかります。会社はそれほど大変とは感じないかもしれませんが、利用者には大きな負担になると思います。このようにシステム一つの変更でも大変なのに人事などで情報システム担当役員がA社出身だB社出身だで方向性が違ってくることが発生するとなると 利用者の利便性はどこかにいってしまいます。ましてや大手の金融機関などでは大変大きなリスクが発生すると思います。